Web予約はこちら

神経ブロック療法

神経ブロックとは

神経ブロック療法

痛みの原因となる神経の近くに、神経の興奮や炎症を抑える薬液を注射することで鎮痛効果を発揮します。その効果は絶大で、手術侵襲にも耐えられるほどの鎮痛効果があります。
痛みを感じている状態が続くと、痛みが記憶されて慢性化するといわれています。神経ブロック療法では、このサイクルを断ち切ることで慢性化した痛みを和らげることができます。
一般的に、神経ブロック療法は有効性が高い反面、技術的に難しいという難点もありますが、当院では患者さんの負担が少ないよう、極めて細い針を使用し、神経を刺激しないよう配慮して短時間で手技を完結させるよう心がけていますので、安心して治療を受けていただけます。
全身状態が悪い方、血が止まりにくい方、抗凝固療法中の方では神経ブロック療法を受けられない場合がありますので、担当医にご相談ください。

当院で施行可能な神経ブロック

X線透視下神経ブロック

  • 三叉神経ブロック(ガッセル神経節、上顎神経、下顎神経)
  • 硬膜外ブロック(頚部、胸部、腰部)
  • 神経根ブロック(頚部、胸部、腰部、仙骨部)
  • 椎間関節ブロック
  • 仙腸関節ブロック
  • 椎間板ブロック
  • 脊髄神経後枝内側枝ブロック
  • 胸部交感神経節ブロック
  • 腰部交感神経節ブロック
  • 硬膜外癒着剥離術(※日帰りでの低侵襲手術になります)
  • 経皮的髄核摘出術(※日帰りでの低侵襲手術になります)
  • Disc-FX(※日帰りでの低侵襲手術になります)

エコーガイド下神経ブロック

  • 星状神経節ブロック
  • 腕神経叢ブロック
  • 腰神経叢ブロック
  • 筋膜リリース

その他

  • トリガーポイント注射
  • 肩関節注射
  • 膝関節注射
  • 点滴療法