Web予約はこちら
PRPKV
prpkv

膝関節再生医療
ひざPRP注射

入院不要

入院不要

手術不要

手術不要

即日注射

即日注射

膝の痛みに悩むすべての方に

痛みの軽減
  • 立ち上がるのが辛い
  • 階段の昇り降りが辛い
痛み
スポーツへの早期復帰
  • スポーツや仕事で膝に負担がかかる
  • 趣味のゴルフができなくなった
痛み
膝関節の温存
  • 変形性膝関節症と診断されている
  • 人工関節の手術はしたくない
痛み

ひざPRP注射とは

ひざPRP注射とは、PRP(Platelet Rich Plasma)=多血小板血漿を膝関節に注入する再生医療の一手技です。
そもそもPRPとは何なのか?

簡単に説明すると、自己の“自然治癒力”を利用した組織修復療法です。
PRPの主成分である血小板には、多種多様な成長因子が豊富に含まれています。ケガをしたときに傷が治癒していく過程で重要な役割を果たしているのが、血小板から放出される成長因子で、損傷部に働きかけて細胞増殖を誘導することで組織修復を促します。
古くは皮膚の難治性潰瘍の治療として使用され、その臨床実績から、欧米のトップアスリートのスポーツ外傷にも応用されるようになりました。
これまで手術以外に有効な治療の選択肢がなかった変形性膝関節症の患者さんや、スポーツ外傷で膝の痛みに悩まされていたスポーツ選手や愛好家にとって、新たな希望となる治療法です。

グラフ

ひざPRP注射の特徴

従来の膝関節治療では対症療法的に痛みを紛らわし、負荷を避けることで膝を温存してきました。やがて破綻した時には、手術で人工関節に置換。 整形外科、ペインクリニック領域でも、膝関節注射といえばヒアルロン酸注射やステロイド注射、局所麻酔薬注射しか選択肢がなく、軟骨の損傷が進行した症例では無効であることも少なくありませんでしたが、ひざPRP注射では、炎症抑制に加えて組織修復を促進するため、既存の治療で反応が乏しかった症例にも効果が期待できます。

関節の炎症を抑制 痛みの軽減
組織の修復を促進 関節軟骨を保護
自己由来の血小板を使用 副作用が少ない
侵襲が小さく、アレルギーのリスクも低い 繰り返し施術可能

適応

変形性膝関節症

半月板損傷

保存治療中のスポーツ外傷

靭帯損傷後の関節ケア

治療の流れ

治療の流れ
診察

病態・痛みの評価、施術可否の判断、PRP療法の説明

診察
採血

1キットあたり20cc程度の血液を採取

採血
PRP作製

製造プロトコルに沿ってPRPを分離抽出

PRP作製
ひざPRP注射施行

膝関節にPRP注入

膝PRP注射施行

施術概要

所用時間
PRP作成に約30分、注入はすぐに終わります
痛み
注射の痛みはほとんどありませんが、膝の状態によっては、痛みを伴う場合があります
リスク
熱感、創部感染、皮下出血
入浴
当日はシャワー浴(翌日から入浴可)
保険適応の有無
無し

※当院でのPRP療法は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に沿って運営を行なっています。

料金

片膝 両膝
¥ 44,000円(税込) ¥ 77,000円(税込)

当院のこだわり

安全性への配慮

当院では、感染のリスクを低減することを目的としてクリーンベンチを備えた独立スペース(細胞調整室)にてPRPの抽出を行なっています。 また、膝関節への注射の際は、熟練した医師により無菌的操作で注入します。

経済性への配慮

変形性膝関節症およびスポーツ外傷に対して有効性が期待されるPRP療法ですが、自費治療で高額であることが、少ないデメリットのひとつとなっています。 痛み治療の普及を目標としている当院では、治療費についても重要な課題として取り組んでおり、PRP作製を外注せずに院内の細胞調整室で行い、一連の手技を無駄なく円滑に行うことで治療費を抑えています。

妥当性への配慮

膝関節へのPRP療法は、大学病院等でも臨床経験が多く蓄積されつつありますが、その歴史はまだまだ浅いため、科学的根拠の集積が望まれます。当院では、大学等の再生医療研究施設と提携することで、安全性と妥当性について最新の知見集積に努めています。

ご予約

ご予約はお電話またはWEBから受け付けております。その際にひざPRP注射を希望する旨をお伝え下さい。

TEL:06-6243-7888
初診時にご準備いただくもの
・必須ではありませんが、お持ちであれば膝の画像データ
・保険証、お薬手帳

メッセージ

人生100年といわれる現代において、平均寿命よりも健康寿命(介護を必要とせず、自立して生活できる期間)が重要視されています。この健康寿命を逸するきっかけとして最も多いのは、転倒・骨折・関節疾患を含む運動器疾患です。
中でも膝関節は、起立・歩行の要となっており、健康寿命と直結しているといっても過言ではありません。膝関節をいかに守り抜くかが、健康長寿(スポーツ選手では、選手生命延伸)の鍵となります。

一方で、膝はいわゆる“消耗品”であり、加齢やスポーツ等での過度の負荷によって軟骨がすり減り、半月板や骨そのものにまでダメージが及びます。(変形性膝関節症)やがて訪れる膝関節の破綻までの期間を、いかに延伸できるか。その答えのひとつが再生医療なのです。
従来の治療では、痛みを抑える保存療法と、人工膝に置換する手術療法しか選択肢がありませんでしたが、膝関節再生医療が確立されたことによって、組織の修復を促進するという新たな治療手段が加わったことになります。

わたしたち心斎橋ペインクリニックは、痛みのコントロールに加えて、健康寿命を延伸することをミッションとして、膝関節の再生医療をスタートさせました。
技術力を研鑽することで、高額になりがちな自費治療の価格を抑え、ひとりでも多くの方に普及させることを目標としています。健康に豊かに歳を重ね、未来に希望を持てる社会にしたい。わたしたちは、痛み治療を通して社会に貢献します。

FAQ

Q1. どのような人におすすめですか?

A1. 従来の保存療法(ヒアルロン酸や副腎皮質ステロイドの注入、鎮痛薬の内服、リハビリ等)で痛みが改善しない方、膝関節の手術ができない(希望されない)方、スポーツや仕事で膝に高負荷がかかる方

Q2. 他の関節注射(ヒアルロン酸、副腎皮質ステロイド)との違いを教えてください。

A2. ヒアルロン酸は関節液の粘弾性を改善することで膝関節への負担を軽減します。副腎皮質ステロイドは強力な鎮痛効果が期待できる反面、関節軟骨に対しては破壊的に働きます。 PRPを使用した関節注射では鎮痛効果に加えて組織修復が期待できる点が、従前の関節注射と比べて大きな違いです。また、自己の血液から抽出するため、アレルギー等のリスクも他の製剤より低いとされています。

Q3. 年齢制限はありますか?

A3. 上限は特にございませんが、当院では未成年者(16歳未満)への施術はお断りしております。

Q4. 頻度、回数について教えてください。

A4. 1クール2~3回(施術間隔4週間)の注入を推奨しています。

Q5. 治療回数に制限はありますか?

A5. 特に制限はありません。都度、症状を確認させて頂き、適応について判断致します。

Q6. ひざPRP注射を受けられない場合はありますか?

A6. 16歳未満の方、全身状態の悪い方、重篤な全身疾患のある方、抗癌治療中の方、活動性の感染のある方、穿刺部に炎症のある方、ご妊娠中の方は、ひざPRP注射を受けていただくことができません。その他、状況に応じて主治医の意見書が必要になる場合がございます。

Q7. 変形性膝関節症のどの段階でもひざPRP注射は受けられますか?

A7. 基本的には変形性膝関節症であれば、どの段階でも受けていただくことは可能ですが、完全に軟骨組織がなくなってしまった部位に軟骨を再生することはできませんので、軟骨組織が保たれている早期の方が有効性は高いといえます。軟骨組織が消失した方でも、骨同士が干渉することで起こるO脚の進行を抑制することは可能と考えられています。

Q8. ひざPRP注射を受けても将来的に手術は受けられますか?

A8. 受けていただけます。

Q9. スポーツ傷害(半月板損傷や靭帯損傷など)にも有効ですか?

A9. 半月板や関節軟骨の損傷に対しての直接効果のほか、靭帯損傷後の膝の不安定性によって生じる二次的な関節障害の治療効果も期待できます。

Q10. ドーピング検査にひっかかりませんか?

A10. WADA(国際アンチドーピング機構)ではドーピングの対象外とされています。(詳しくは、各競技団体にお問合せください)

Q11. 各施設でのPRPの種類による効果の違いについて教えてください。

A11. 使用するキットや抽出条件等により、含有される有効成分の量やバランスが異なります。そもそも同一条件下で抽出されるPRPの質的な個人差も大きいため、その効果の違いについては未だ一定した見解が得られていないのが現状です。 単回(1クール)での奏功率は概ね60%程度とされていますが、継続することで奏功率が上昇することを示唆する報告もあり、PRPの質より量(回数)が有利に働く可能性も期待されています。

Q12. 副作用やデメリットについて教えてください。

A12. ひざPRP注射はリスクの低い治療法ですが、施術後しばらくの間、注入部痛や熱感、腫れを伴うことがあります。その他、PRP注射に特有ではありませんが、感染のリスクがあります。デメリットとしては、自己の血液を用いるため、抽出したPRPの成分や効果に差が出やすい点、治療を受けられる施設が限定的である点、医療保険が適用されない点が挙げられます。

Q13. MRI検査はお願いできますか?

A13. 大阪市内の提携医療機関にご紹介しております。

Q14. 採血は何cc必要ですか?

A14. 1キットあたり20cc必要です。(片膝1~2キット、両膝2~4キット)

Q15. 成長因子とは何ですか?

A15. 血小板中に多く含まれる創傷治癒に働くタンパク質の総称です。 代表的なものとして、EGF、FGF、PDGF、TGF-β、VEGF等があり、血管新生や細胞増殖を促すことで組織修復を行います。

Q16. 診察だけ受けることも可能ですか?

A16. 膝の痛み全般に関してお気軽にご相談ください。

Q17. ひざPRP注射は医療費控除の対象ですか?

A17. 医療費控除の対象になる可能性があります。くわしくは、管轄の税務署までお問い合わせください。

Q18. ひざPRP注射は先進医療給付の対象ですか?

A18. 先進医療給付の対象ではありません。

TOP